« 「Google Adsense」の広告のセンスは? | メイン | 老犬ホーム »

2008年11月 8日

Master Archive Index(archives.html)のPHP化[ Movable Type ]

今更ですが、全記事のアーカイブ「Master Archive Index(archives.html)/アーカイブインデックス」をどこにも使用していない事が判りました。そこで、この際、PHP化した上で、サイドバーにリンクを置く事にしました。PHP化は、過去にやった「カテゴリーアーカイブと月別アーカイブのページ分割」と、「カテゴリーアーカイブと月別アーカイブはタイトルのみ表示」と同様に行いました。出来上がった全記事アーカイブはこちら(archives.php)です。再構築に時間が掛かったのですが、ファイルサイズが238KB(archives.html)から、何と!1.98MB(archives.php)に増えています。作成日時やトラックバック/コメント数の表示を追加したためですが、それにしても大きなファイルになりました。

【アーカイブ関連のリンク】
Ci081109101446.jpg

Master Archive Index(archives.html)のPHP化の手順は、以下の通りです。

(1)Master Archive Indexのテンプレートの設定で、出力ファイル名(拡張子)を、「archives.html」から「archives.php」に変更します。

(2)Master Archive Indexのテンプレートの変更は、以下の通りです。

(変更前)
<MTArchiveList>
<a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a><br />
</MTArchiveList>

(変更後)
<MTPaginate>
<MTPaginateContent max_sections="60">
<MTArchiveList>
<$MTEntryTrackbackData$>
[ <$MTEntryDate$> ] <a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a>[<MTEntryCategories glue=", "><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></a></MTEntryCategories>] Co(<$MTEntryCommentCount$>) TB(<$MTEntryTrackbackCount$>)
<br />
<$MTPaginateSectionBreak$>
</MTArchiveList>
</MTPaginateContent>
<div align="center" class="paginate">
<MTPaginateIfMultiplePages>
<$MTPaginateNavigator style="links" format_all="All pages" place_all="after" separator=" | ">
</MTPaginateIfMultiplePages>
</div>
</MTPaginate>

以上です。

【参考記事】
並べ替え可能な表で作るアーカイブインデックス
Master Archive Indexの改造

投稿者 hnakamur : 2008年11月 8日 23:59 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Master Archive Index(archives.html)のPHP化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/7210

コメントする