« 錦糸町駅で人身事故の模様 | メイン | オバマ大統領、Twitterを一度も使ったことがないと認める »

2009年12月 1日

2009年最も使用された英単語は「Twitter」[ Twitter ]

2009年で最も使用された英単語は「Twitter」だそうです。残念ながら私はまだその流れに乗れていないので、急いで追いかけ中です。


米Global Language Monitorは11月29日、2009年に英語圏で最も使用された単語は「Twitter」であるとの調査結果を発表した。Global Language Monitorは今回、2009年に最も多く使用された英単語15語、フレーズ10語、名前10個を発表した。それによると、単語部門の1位は「Twitter」、2位は「Obama」(米国大統領)、3位は「H1N1」(新型インフルエンザの正式名)だった。このほか、インターネット関係では6位に「2.0」が入った。また、フレーズ部門で6位に「Cloud Computing」がランクインしている。

投稿者 hnakamur : 2009年12月 1日 18:40 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009年最も使用された英単語は「Twitter」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/8396

コメントする