iPhoneの「スライド式ロック解除」には先行技術があった?

昨年10月に米Appleが「ロックスクリーン解除UI」の特許を取得しましたが、先行技術があった可能性が出てきました。スウェーデンのタッチスクリーンメーカー「ネオノード社」が似た特許を取得済みとの事です。

今年初め、すべての関係企業が驚く展開が待ち受けていた。無名のスウェーデンのタッチスクリーンメーカー、ネオノード社が、「スライド・トゥー・アンロック」に似た特許を取得済みであると公表したのだ。同社の技術は、携帯端末ユーザーが、指で画面をスライドさせることでアプリケーションの切り換えを可能にするものだった。

引用元: スライド式ロック解除、アップル訴訟の争点に – WSJ日本版 – jp.WSJ.com.

YouTubeの動画によると、確かに同じ発想の技術に思われます。4分過ぎの映像に、ロック中の画面を左から右に指を移動させる事でロックを解除しています。スライドバーの表示はありませんが、単なる設計事項と言えなくもありません。
【Neonode N1m review】


【関連記事】
アップルの「スライド式ロック解除」特許–専門家に聞く訴訟の可能性(CNET Japan 2011/11/07)
Slide to Unlock? Patented!(October 25, 2011)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です