米Appleが「ロックスクリーン解除UI」の特許を取得

iPhoneで使われているこの「ロックスクリーン解除UI」は、Androidでも同じ様に使われています。今後の行方が気になります。

米Appleが「”ロックスクリーンの解除”に関するジェスチャー特許」を取得したことが10月25日(現地時間)にわかった。米特許商標局(United States Patent and Trademark Office: USPTO)のサイトによれば、特許番号は8,046,721で、タッチスクリーン型のデバイスにおいてロックを解除するためのイメージを表示し、それを解除するための画像の操作方法を示すものとなっている。

引用元: 米Appleが「ロックスクリーン解除UI」の特許を取得 マイコミジャーナル(2011/10/27).

Android 含むモバイル特許訴訟の相関図

iPhoneとAndroid陣営の特許訴訟の状況が判る情報がありました。ここに関わっている日本企業がSonyだけと言うのも寂しいですね。

スマートフォンの普及により、モバイル端末やソフトウェアに関する特許訴訟が急増中、企業同士の訴訟状況を分かりやすくした相関図(インフォグラフィック)がロイターにより公開されました。改めて図にしてみると酷い戦闘状態ですね・・・

赤矢印 Suing = 一方的な提訴
青矢印 Suing each other = お互いに提訴
緑矢印 Licensed technology to company = ライセンス提供

引用元: Android 含むモバイル特許訴訟の相関図(インフォグラフィック) | Google Pad.

サムスンが日本でも「iPhone 4S」販売の仮差し止めを申請

サムスンが日本でも「iPhone 4S」の販売の仮差し止めを申請しました。「iPhone 4S」を予約中の私としては、今後の動向が気になります。

Samsung Electronicsは10月17日、東京地方裁判所にAppleの「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」の販売停止を求める仮処分を要請したことを明らかにした。同時にオーストラリアでもiPhone 4Sの発売禁止を求めている。 Samsungは、iPhone 4Sの発表直後からパリとイタリアのミラノにて販売の仮差し止め命令を申請しており、日本とオーストラリアの申請はそれに続くもの。 なお、日本国内では差し止めの理由として、HSPA方式に関する特許1件とユーザーインタフェースに関する3件の特許の侵害を挙げ、「Appleは、われわれの知的財産権を侵害し、当社の特許や技術を無償で利用し続けている」と主張している。

引用元: サムスン、日本でもiPhone 4S販売の仮差し止めを申請 – CNET Japan.

“サムスンが日本でも「iPhone 4S」販売の仮差し止めを申請” の続きを読む