« 「Active@ISO Burner」でISOイメージファイルをCD/DVDへ書込み | メイン | Ubuntu 8.10 Desktop 日本語版 »

2008年12月 5日

McAfeeでウィルス削除後、WindowsXPが起動せず[ 日記 ]

今朝、パソコンの電源を切らずに出勤したのですが、帰ってきたら、McAfeeがウィルスを検出したとのメッセージが表示されていました。早速、該当ファイルを削除しました。ところが、その後、Windowsが起動できなくなってしまいました。起動時のログイン後、草原画像が表示されるのですが、そこで止まってしまい、デスクトップ画面が表示されません。ウィルスファイルの削除に問題があったのか、原因が判らず困っています。

mcafee20081205.jpg

【2008年12月6日追記】
いくつか復旧を試みましたが、症状は変わりません。

(1)前回正常起動時の構成を使用して Windows XP を通常の状態に復元する (2)Windows XP をSafe Mode(セーフモード)で起動する方法 →四隅にセーフモードの表示が出るのみで、スタートボタン/タスクバーが表示されません。
(3)起動しなくなったWindowsXPを修復する →WindowsXPのCD-ROMから起動し、再インストールを行いました。再起動後、デスクトップ画面が表示され始めたのですが、途中で自動的にリブートが掛かってしまいました。
(4)回復コンソールからCHKDSK実行 →「chkdsk d: /r」を実行しました。状況は変わりませんでした。

投稿者 hnakamur : 2008年12月 5日 22:46 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ