« iPhoneアプリ「あんしん監視カメラ」 | メイン | マカフィー「インターネットセキュリティ」契約更新 »

2014年5月 2日

IEの深刻な脆弱性の修正パッチ(KB2964358)をリリース[ インターネット ]

TVのニュースでも話題になっていたIEの脆弱性の修正パッチがリリースされました。修正パッチは当初5月14日に配信予定との事でしたが、状況が深刻なため早まった様です。私は自動アップデートを有効にしているのですが、すぐに更新されなかったため、手動でWindows Updateを実行しました。

今日(米国時間5/1)、MicrosoftはInternet Explorerの極めて深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。この脆弱性はIE6以降のすべてのバージョンに存在するとあって、先週、世界的に大問題となった。

インターネットに接続して自動アップデートを有効にしている場合、ユーザー側で対応する必要はない。〔日本版:そうでない場合はできるかぎり速やかに手動でアップデートすること。自動アップデートを有効にしているユーザーも、手動でWindows Updateを実行し、IEのパッチがすでにインストールされているか確認した方がよい〕。

手動での更新は、スタートメニューから「コントロールパネル」の「Windows Update」を選択します。対象のパッチは下記です。
・Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 のセキュリティ更新プログラム (KB2964358)

パッチをインストール後、PCの再起動が必要です。IEのバージョンが「KB2964358」になっている事を確認します。
20140502-ie11.JPG

投稿者 hnakamur : 2014年5月 2日 14:10 : [ 編集 ]

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IEの深刻な脆弱性の修正パッチ(KB2964358)をリリース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/9689

コメントする