« 「STAP細胞論文問題」と「シェーン論文捏造事件」 | メイン | 大雨警報@つくばみらい市 »

2014年6月 7日

Adobe Flash の脆弱性を悪用して銀行口座情報を狙う攻撃[ インターネット ]

バッファローからダウンロードサイトが改ざんされウイルスが混入したとのお詫びメールが届いた。このウィルスは、Adobe Flash の脆弱性を悪用してユーザーの銀行口座情報を狙う攻撃をする様です。

From: 株式会社バッファロー
Date: Thu, 05 Jun 2014 15:51:50 +0900 (JST)
Subject: 【重要なお知らせ】バッファローダウンロードサイトのウイルス混入によるお詫びとご報告
----------------------------------------------------------------------
このたび弊社委託のダウンロードサイト内の一部ファイルが何者かにより改ざんされ、
そのファイルが一部のお客様にダウンロードされている事が判明致しました。
最悪の場合、ダウンロードされたお客様がお使いのパソコンはウイルスに感染し、その
お客様に損害を与える可能性がございます。

■被害の内容
ウイルスは、Infostealer.Bankeiya.Bと呼ばれるもので、感染した後に、オンライン
バンキングへアクセスされますと、ログイン情報、IDやパスワードが不正に取得され、
最悪のケースでは不正送金される可能性がございます。

詳細は下記のシマンテック社のホームページをご参照のほどお願い致します。
http://www.symantec.com/connect/ja/blogs/adobe-flash-2

これまでの経緯はこちら
http://buffalo.jp/support_s/20140602_2.html

投稿者 hnakamur : 2014年6月 7日 13:19 : [ 編集 ]

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Adobe Flash の脆弱性を悪用して銀行口座情報を狙う攻撃

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/9696

コメントする