« まさか!は無かった。最高10億円BIG | メイン | 東京電力「でんき家計簿」 »

2015年2月22日

OpenOffice.org「Draw」でイラストやテキスト入りの文書を作る[ マルチメディア ]

知人からイラストやテキスト入りの案内状の作成を頼まれました。一枚が映画チケット位の大きさで、それをA4用紙に4枚入れて欲しいとのリクエストです。パワーポイントで作れそうだと思ったのですが、あいにく自宅のパソコンには(高価な)MS Officeが入っていないため、(無料の)OpenOffice.org「Draw」で作成しました。OpenOffice.org「Draw」は初めて使いましたが、結構便利に使えました。MS Officeよりも機能的には優れているのではと思える部分もありました。

「Draw」(ドロー)は、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」に含まれている作図ソフトである。ドローツールとも呼ばれる。Drawで描いた図形データは、線分の集まりとして記録されるため、拡大や変形によっても画質が劣化しないという特徴を持つ。一方、Microsoft Officeには独立した作図ツールが付属されておらず、付属の「図形描画機能」を利用する。そのため、図形データだけをファイル保存することはできない。これに対し、Drawは独立したツールのため、描いた図形をファイルに保存できる。また、OpenOffice.orgは、WordとPowerPointと同じように、ツールごとに図形描画機能を備えている。ツールに合わせて使用できる機能が少しずつ異なっているが、操作は共通だ。最新のOpenOffice.org 2.0に含まれるDrawでは、従来のバージョンと比べると描ける図形パターンが増えており、多彩な表現が可能になっているのだ。
l_OOoReview_601.png


投稿者 hnakamur : 2015年2月22日 12:37 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: OpenOffice.org「Draw」でイラストやテキスト入りの文書を作る

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/9786

コメントする