« パティ・スミス「はげしい雨が降る」 | メイン | 「トヨタセーフティーセンス」自動ブレーキの実験 »

2016年12月11日

ボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式のスピーチ(代読)[ 日記 ]

ボブ・ディランのノーベル賞授賞に関して、ようやく本人のまとまったコメントが出てきました。当初は、受賞を辞退するのではとも思っていましたが、有難く頂く様ですね。もっと早く意思表示をして欲しかったと思います。

ボブ・ディランは現地時間12月10日に開催されたノーベル賞授賞式でスピーチ原稿を発表している。ボブ・ディランは授賞式に出席することはなかったが、このためのメッセージを提供し、それが授賞式では読み上げられることとなった。代読をするのが誰かも注目されたが、アメリカ合衆国のスウェーデン駐在大使のアジタ・ラジが代読している。ボブ・ディランのスピーチの全文訳は以下の通り。

「(途中略)
私は「自分の曲は文学なのか?」と問いかけたことはこれまでありませんでした。
だから、スウェーデン・アカデミーには感謝します。その大きな問いについて考える時間をくれたこと、そして最終的にこんなにも素晴らしい答えをくれたこと、その両方に感謝します。

(以下略)」


投稿者 hnakamur : 2016年12月11日 22:41 : [ 編集 ]

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式のスピーチ(代読)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/9978

コメントする