« Dyson 空気清浄機能付ファンヒーター | メイン | 米レンタカー大手「ハーツ」がコロナ破綻 »

2020年5月23日

Media Goに搭載されている「SensMe」[ インターネット , マルチメディア ]

私は音楽プレーヤにWalkmanを愛用していて、管理ソフトにMedia Goを使っています。Media Goに搭載されている「SensMe」を最近になって始めて知り、せっかくなので使ってみました。感想としては、それほど有難いものでは無いなという感じです。もっとも、Media Goは数年前にダウンロードサービスが終了しているので、使っている人も限られているのではと思います。英語版Wikipediaに解説がありました。下記はGoogleChromeによる日本語翻訳です。

SensMe SensMe ™は、Sony Corporationによって作成された独自の音楽ムードおよびテンポ検出システムであり、多くのソニーブランド製品、特にウォークマン MP3 / MP4プレーヤー(E [1]およびSシリーズ[2])、Media Go、PlayStation Portableで採用されています、ソニーエリクソンの電話シリーズ。
技術仕様
SensMeは、音楽トラックのムードとテンポに基づいて、音楽を2軸マップにマッピングすることで機能します。[3]ムードとテンポは、音楽トラックを個別に分析し、関連するトラック情報を計算する適切なソニー互換ソフトウェアを使用して決定されます。分析されたトラックは、直感的な2軸マップにプロットでき、デバイス上の音楽ライブラリをナビゲートできます。また、プレイリストは、相対速度と気分に基づいて生成できます。横軸はムード、縦軸はテンポに基づいています。

20200521-senseme.PNG

Media Goで「SensMe」によるプレイリストが作成できます。
SensMe™ プレイリストを作成する

実際に作成したプレイリストは以下の様になりました。幸せを感じる音楽の様なのですが、自分としては疑問を感じる内容でした。
20200521-senseme2.PNG

投稿者 hnakamur : 2020年5月23日 21:57 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ