« ボブ・シーガー「Against the Wind」 | メイン | Wikimediaに寄付 »

2020年9月19日

母指手根中手関節変形性関節症[ 日記 ]

右手親指の「母指CM関節症」について、セカンドオピニオンのつもりで、別のクリニックで診断してもらいました。レントゲンと触診による診断結果は、先の診断とほとんど同じで、「変形性関節症」と言われました。ただ、レントゲンからは、それほど関節がくっついていないので、しばらくは湿布薬で様子を見て、必要ならば装具を検討しましょうと言う事になりました。処方された湿布薬は、先の処方と同じ「ロコアテープ」でした。1か月後に再受診します。
今回の診断は、下記の参考にさせて頂いた記事にある「母指手根中手関節変形性関節症」と言う事ですね。

変形性手関節症の病理(整体ラボ)

変形性関節症というと、膝や股関節などに起こるものがよく知られていますが、手指の関節にも起こります。手指の変形性関節症では、指の関節の骨を覆う軟骨部分がすり減って、指に痛みや変形などが現れます。主な原因は関節の老化ですが、指の使いすぎも発症や進行に関係していると考えられています。
●種類
 手には、指関節をはじめ、いくつもの関節があり、どの関節にも、変形性関節症が発症する可能性があります。比較的起こりやすいのが、指先から1番目の関節、指先から2番目の関節、親指の付け根の関節で、発症した部位ごとに、次の病名がつけられています。
▼ヘバーデン結節(省略)
▼ブシャー結節(省略)
▼母指手根中手関節変形性関節症
母指手根中手関節は、親指(母指)の付け根にある関節で、親指を動かす働きをしています。その関節に発症する変形性関節症です。

handojoint.jpg

投稿者 hnakamur : 2020年9月19日 12:16 : [ 編集 ]

エントリータグ