« 富士山 | メイン | “レディー・カガ”が「ようこそ加賀温泉」 »

2011年11月21日

「iPhone 4S」満足度調査:「矢野経済研究所」と「イード」の結果が逆[ iPhone ]

「iPhone 4S」の満足度について、「矢野経済研究所」と「イード」からそれぞれ調査報告が出ました。2つの機関の結果が逆になっています。面白いですね。

【矢野経済研究所の調査結果】
iPhone 4Sに関するユーザアンケート調査結果(矢野経済研究所 2011年11月16日)

矢野経済研究所は、ソフトバンク、KDDI(au)からそれぞれ発売されている iPhone 4S に関するユーザーアンケートを実施し、その調査結果を11月16日に公開した。調査はインターネット形式で行われ、回答者は、日本で iPhone 4S を現在利用しているソフトバンクユーザー、au ユーザー各400名(計800名)。調査では、端末・サービス・機能などにおけるユーザー満足度の比較を行っている。まず、それぞれのキャリアのユーザーについて「iPhone 4S」の全体満足度を比較したところ、ソフトバンクユーザーの全体満足度は74%。一方の au ユーザーは61%となり、ソフトバンクユーザーの満足度が13ポイント上回る結果となった。
20111116-416731-1-L.jpg


【イードの調査結果】
【発売1ヵ月】 「iPhone 4S」 の通信会社選択に関する満足度調査(株式会社イード 2011年11月18日)

iPhone 4Sが発売されてから約1ヵ月が経過したのを機会に、イードはソフトバンクモバイル(SBM)、KDDI(au)の購入者各450名に通信会社選択に関する満足度調査を実施した。それによると、iPhone 4Sについてau購入者のうち53%が、SBM購入者のうち49%が満足していると答え、auが4ポイント上回る結果に。
165398.jpg


投稿者 hnakamur : 2011年11月21日 14:46 : [ 編集 ]

関連記事

エントリータグ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「iPhone 4S」満足度調査:「矢野経済研究所」と「イード」の結果が逆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nakamura-hiroshi.com/mt/mt-tb.cgi/9345

コメントする