「Grub Customizer」でGRUBの設定変更

「Windows7」マシンに「Ubuntu 11.10」をインストールしてデュアルブート環境で使っています。GRUBのデフォルト起動OSは「Ubuntu 11.10」になっていますが、「Windows7」に変更しました。「Grub Customizer」を使うと、GRUBのデフォルト起動OS変更がGUIでできます。「Grub Customizer」のインストールと使い方は、以下の記事を参考にさせて頂きました。

(1)インストール
「端末」から以下のコマンドを入力しインストールします。
sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
sudo apt-get update
sudo apt-get install grub-customizer

(2)設定
「Grub Customizer」を起動すると、以下の画面が開きます。PC起動時にGRUBに表示するOSメニューで表示しなくてもいいもののチェックを外します。
Screenshot-2012-04-01 23:18:24.png

「Preferences」をクリックすると、以下の様な設定画面が開きます。「default entry」の「predefined」のプルダウンメニューから「Windows7」を選択します。「visibility」の「Timeout」は、何もキー入力が無い場合に、OSが起動されるまでの時間を設定します。

Screenshot-2012-04-01 23:19:34.png

この記事について

このページは、ひろしが2012年3月31日 22:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「Ubuntu 11.10」を「Windows 7」とデュアルブート」です。

次の記事は「「Ubuntu 12.04」リリース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。