練習不足です

コロナの影響で、太極拳の活動も自粛状態で、練習不足が続いています。先週から、市の運動施設の利用が解禁になり、ようやく自主練習を再開しました。24式、48式、42式を一通りやってみたところ、48式の途中で套路を間違えてしまいました。完全に練習不足です。

野馬分鬃や搂膝拗步などでの前進で、体重を前脚に乗せる時に体の軸が前に傾いてしまうのが私の課題です。最近になって、腰から上と下の引っ張り合いを意識すると、改善されるような感覚ができてきました。例えば、右弓歩から后座して、次に右脚に乗る時に、腰から上を右に捻りますが、同時に左脚を前に出す腰から下は左に捻る様にします。そうすると、腰から上と下で逆に捻る事になるので、引っ張り合っている感覚が出てきます。これを感じると、軸が真っすぐで体が安定している様に思います。しばらくこの感覚を意識しながら、練習を続けてみます。在宅勤務期間中の改善が目標です。

台湾新幹線(台湾高速鉄道)を題材にした日台共同制作ドラマ「路」を視ました。台湾新幹線は、当初2005年10月開業と言われていましたが、工事の遅れなどで実際の開業は2007年1月になった様です。私は、2005年6月から2006年9月まで15回ほど台北に出張で行きましたが、残念ながら台湾新幹線の開業はその後でした。ドラマは、全3回の内2回目を視ていない中途半端な感じですが、台北の街の風景などを懐かしく思い出しながら視ました。

【公視與日本NHK合製戲劇【路】~台灣EXPRESS~釋出首波視覺影片】

太極拳練習場

最近の在宅勤務で、運動不足にならない様に、朝と夕方に近くの小貝川沿いを約4.5キロほど散歩しています。途中にある工事用の脇道(下の写真)で、太極拳の歩きの練習をしています。弓歩の後、后座して、次に前進で体重を前脚に乗せる時に、体の軸が前に傾いてしまうのが私の課題です。

大分前に先輩から教えてもらった論文です。つくば大学でこの様な太極拳の研究(博士論文)がされている事に驚きました。実はなかなか読めていないので、内容はよく判りません。

養生武術の形成過程に関する研究 : 民間武術から太極拳への変遷を中心に(つくばリポジトリ) 著者:屈 国鋒
内容記述:筑波大学博士 (体育科学) 学位論文・平成19年7月25日授与 (甲第4494号)
発行年:2007

同僚から教えてもらった孔祥東老師の動画です。体がすっきりします。皆さんも是非どうぞ!

【#StayHome 家で練習できるストレッチと太極拳の基本動作(1)】
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続いています。運動不足にならないように、おうちでできるストレッチや太極拳の基本動作を紹介します。興味のある方はぜひやってみてください!

何年か前には中止との報道もあった台北101の年越しの花火ですが、今年も相変わらず行われた様です。一度は生で見てみたいです。「秀」はショーの音訳の様です。

【Taipei 101 New Year’s 2020 Full Fireworks Celebration (台北101跨年煙火秀 2020新年快樂)】

今日は、職場の太極拳同好会で「站樁(たんとう)」の特別講習会がありました。中国には、「100練より、一つの站椿功」という言葉があるそうで、それだけ重要な基本的な鍛錬法です。中国語で、站Zhànは「立つ」、樁zhuāngは「杭(くい)」で、「地面にしっかり杭を打ち付けるように立つ」という意味です。今日は、その基本的な立ち方から、24式制定拳での応用まで、判り易く教えてもらいました。日頃の講習会で、講師の先生から指導してもらっている内容なのですが、あらためて認識する事ができました。

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 7.3

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

作者のサイト

作者プロフィール